20代の弟のが糖尿疾患になり健康に気をつけるようになりました

ぼくはがんらいぽっちゃり体格で、受胎中間は糖尿疾患に気をつけるように産婦人科の師範から言われていました。これまでのほほんと、健康の結果やパターン点検のために減量を試みた事もありましたが必ず続きませんでした。アクションが苦手なのは昔からで、食するのが大好きなので節食もままなりません。意外と葛藤を蓄えるからには、気にせずに食べて早死もいいと思っていました。但し最近になって、弟が糖尿疾患になったといったお家の妻から聞かされました。弟は未だに20代下だ。職でのアフターケアで一年中高カロリーのミールといったお酒を呑み、職があわただしいからとアクションもてんでしていなくて急激に太ってしまったのが発端だそうです。私のおじいちゃんも膵臓がんを患い、亡くなる前は糖尿疾患も併発していました。糖尿疾患は遺伝するそうです。私も太っているから心がけなさいといった、妻に何度も言われました。弟の体つきを聞くと、カロリーの高いものは食べてはダメだし、食べ物も普通の茶碗なかばしか食べてはいけないそうです。スナックもお菓子もお酒もほとんどが食べられないみたいです。職が忙しくても、リハビリ設備で週末はアクションしなくてはいけません。あんな体つきを聞いて私もゾッとしました。若々しいうちから食する時間が忍耐との闘いになるなんて辛すぎます。私も気をつけようといった、ウィークに3回散策講じる務めを始めました。面倒くさいは思いますが、健康のためにと日毎頑張っています。こちら